日本料理の本をご紹介します!
見出し画像

日本料理の本をご紹介します!

今日は、新しく日本料理の本が届いたのでご紹介します。

「八十八種 魚を使いつくす」

上野修三・浪速割烹喜川の会 著
メバル、レンコダイ、的鯛、サザエなど、88種類の魚介類について、焼物、煮物、刺身など様々な調理法を紹介しています。魚料理のバリエーションが広がる本です。


「日本料理 味つけ便利帳~だし たれ 合わせ調味料386」

 野崎洋光 著
山椒味噌、葱味噌、胡麻味噌、木の芽味噌など…味噌だけでも25種類を掲載。様々なだし、たれ、合わせ調味料のレシピ386種が載っています。


「煮物の技術教科書~基本から匠の調理まで身につける~」

鈴木隆利 著
煮物は「ただ分量を覚えるのではなく仕上がりを意識してつくるもの」。魚介、肉、野菜の煮物など、食材に合わせた煮物のコツを紹介しています。


「刺身の教科書」

鈴木隆利 著
魚別の基本のおろし方から、様々な盛り付け方、30種類以上のつけ醤油・油酢のレシピを紹介。烏賊の花造りなど、一度やってみたい素敵なアイデアがたくさん見つかります。


「基礎から学ぶ器と盛り付け」

畑耕一郎
様々な食器、焼き物の紹介から、平盛り、杉盛り、重ね盛など多様な盛り付け方を基礎から解説しています。


これら料理の本、なぜ新しく入荷したかというと・・・

海士町には「島食の寺子屋」があります。島で採れた食材のみで1年間料理を学び、「和食の入り口に正しく立つ」人を育てています。

今年も新しい生徒さんが入学されたので、図書館でも本で活動をサポートできたら・・・との想いから、日本食の本を増やしてみました!

もちろん、寺子屋の生徒さん以外の方もぜひ見てみてください。
普段の食卓がワンランク、いえ、ツーランクアップすること間違いなしです!

海士町での取り組みに合わせて、図書館の本も充実させていきたいと思っています。
蔵書がない場合には、リクエストしていただくことで、購入についての検討も可能です。

お気軽にご意見をお寄せください。

(長島)


スキありがとうございます!
島根県の離島、隠岐諸島にある図書館です。 利用される方にも、まだ来たことがない方にもお役に立てるような情報を発信していきたいと思います。 基本情報は公式ウェブサイトをご覧ください。⇒http://lib.town.ama.shimane.jp/