見出し画像

〈今月の新着図書〉新しくはいった本をご紹介!

こんにちは。だいぶ暖かくなってきましたね。

図書館の前の田んぼで田植えをされていました。鏡のような田んぼに緑の稲が植えられ、一段と美しい景色です。

さて、今日は新着図書を5冊、ご紹介します。

画像2

「Joy at Work ~片づけでときめく働き方を手に入れる~」

近藤麻理恵、スコット・ソネンシェイン 著

1200万部を突破した「人生がときめく片づけの魔法」の”こんまり”さんの著書。家を片づけると人生がときめくように、ワークスペースを片づけることでキャリアがときめく、うまくいく。机の上はいつも書類が山積みなあなたにおすすめです。


「海外で結果を出す人は「異文化」を言い訳にしない」

グロービス・高橋亨 著
今年3月に出版、英治出版様から寄贈いただきました。海外の方と仕事をするとき「この国では〇〇だから」という思考を手放し、何が本当の問題なのかを見極めます。日本での仕事や人とのかかわりにも活かせる本質的な物事のとらえ方が学べる本です。


「カスタマーサクセス・プロフェッショナル~顧客の成功を支え、持続的な利益成長をもたらす仕事のすべて~」

アシュヴィン・ヴァイドゥヤネイサン 、ルーベン・ラバゴ 著、弘子ラザヴィ (翻訳)
今年3月に出版、英治出版様から寄贈いただきました。「顧客が必要としている価値を生み出すことに成功することなく、自社の成功はない。」これからのビジネスのカギを握るカスタマーサクセスの本質と、実務者に求められるスキル先駆者の事例実践の指針を網羅した必携バイブル。


「完璧じゃない、あたしたち」

王谷晶 著
すべて”女と女が主人公”の短編小説集。“私”も“あたし”も自分に似合わなくて困ってる「小桜妙子をどう呼べばいい」、十九歳、世界一みじめなスナックのアルバイトで――。「ときめきと私の肺を」など、名前をつけるのは難しい、でもとても大切な、女同士の様々な関係を描いた23の物語


「ゲーム・ネットの世界から離れられない子どもたち~子どもが社会から孤立しないために~」

古川徹
子どものこころの発達を知る」シリーズの10冊目。ゲーム・ネット依存の本というと予防や警告が中心になりがちですが、本書はゲーム・ネットのポジティブな面から向き合っています。ゲーム・ネット依存の子どもの世界はどう見えているのか。発達障害の子どもにとってゲームやネットはどんな存在なのか。子どもの目線に寄り添いながらゲームやネットについて一緒に考えたい方にお勧めの本です。


それ以外にも、毎月たくさんの新しい本が届いています。

画像2

ぜひ図書館にいらしてください、お待ちしています!

(長島)


☆タイトルや著者名を入力して、蔵書検索ができます。







スキありがとうございます!
島根県の離島、隠岐諸島にある図書館です。 利用される方にも、まだ来たことがない方にもお役に立てるような情報を発信していきたいと思います。 基本情報は公式ウェブサイトをご覧ください。⇒http://lib.town.ama.shimane.jp/