発達障害啓発コーナーをつくりました(4/2~4/15)
見出し画像

発達障害啓発コーナーをつくりました(4/2~4/15)

こんにちは。
春の陽気が心地いいですね。満開の桜がきれいです。

4月2日の「世界自閉症啓発デー」
4月2日~9日の「発達障害啓発週間」に合わせて、
開発センターロビー(図書館入り口前)に、特設コーナーをつくりました。個性の理解や、育て方、関わり方の参考になる本を展示しています。

図書館の本のほか、海士町の言語聴覚士さんや、発達に凸凹のある子どもたちの保護者サークル「親の会」メンバーの方々が持ち寄ってくださったおすすめ本を展示しています。個人の本は閲覧のみとなります。

4月15日まで展示していますので、発達障害の理解を深めたいという方はもちろん、大人・子どもの個性や、その人に合った環境等を改めて考える機会になればと思います。

0402自閉症啓発コーナー02 (800x600)

企画を提案してくれた、海士町の言語聴覚士さんからのメッセージです。

「発達障害」って聞くと、どんなイメージがありますか?むずかしそう?自分には関係ない?おもしろそう?

自閉症は、今は自閉スぺクトラム症という名前で呼ばれています。スペクトラムというのは、色のグラデーションのようなことで、はっきりとした境目はありません。

みんなそれぞれに色々な色(個性)があって、その濃さもそれぞれで、その特徴を活かしあいながら生活しています。

その環境がその人に合っていれば、自分らしく活き活きと暮らせるし、合わなければ辛いし苦しい。
自分に合った環境ってなんだろう?
自分の好きなこと、苦手なことってどんなこと?
友だちの好きなこと、苦手なことってなんだろう?

そういうことを考えることが「発達障害」を考えるきっかけになったらいいなと思います。

今後も、町民の方のご提案による企画展示をしていきたいと思います。「こんなテーマの紹介コーナーを作ってほしい」「こんなテーマで本の展示をさせてほしい」というご要望、ご提案がありましたらスタッフにご相談ください。

(中畑)

スキありがとうございます!
島根県の離島、隠岐諸島にある図書館です。 利用される方にも、まだ来たことがない方にもお役に立てるような情報を発信していきたいと思います。 基本情報は公式ウェブサイトをご覧ください。⇒http://lib.town.ama.shimane.jp/